Djent-EQ

PRACEVO EFFECTS Djent-EQ

廻すと Djent になる魔法のノブ、Djent-EQ は、マルチバンド・イコライザーです。複雑なEQカーブを一つのノブでコントロール出来るようにデザインされています。

DESCRIPTION

廻すと Djent になる魔法のノブ。

ジャンルとして Djent という言葉が語られるようになって以来。メタルのミキシングエンジニアは、独特のイコライジングをトラックに施して来ました。Djent-EQ は、この複雑なプロセスを、たった一つのノブを回す事で行うことが出来ます。また、アナログのギターペダルである為、歪み段前、プリEQでのより積極的な音作りが可能になります。

ブースターの様に使えるイコライザー

Djent-EQは、基本的にブーストのみを行います。ブースターのような感覚で使用することが出来、摘みを右に回すと、どんどん音が具体的になって行きます。この変化は大変に奥が深く、カリッカリの Djent サウンドから、Mixの中でも埋もれず抜けるフロント・ピックアップのリードサウンドまで、ジャンルを問わず役立ち、その恩恵は計り知れません。

プリ・EQ としての設計

Djent-EQは、オーバードライブ系ペダルやアンプヘッド等の歪み段より前に接続する、プリEQとしての使用を念頭にデザインされています。レコーディング後に DAW 上でのエフェクト処理を行う ポストEQとは異なり、ブーストされた帯域がより深く歪む事で、別次元のサウンドを奏でます。また、聞き取りやすく目立つ帯域がより深く歪む事で、見かけの印象よりも、Mixの中で他の楽器を邪魔しない、といった事も期待できます。

NJM 5532DD x2 搭載、万全のノイズ対策

”歪み段より前に接続する”という事は、非常に高度なノイズ対策が要求される、という事でもあります。Djent-EQでは、レコーディング・スタジオで使用する様なアウトボードに採用される事もあるデュアル・オペアンプ、NJM 5532DD を贅沢に2つ搭載する事等により、万全のノイズ対策を施しました。ギターペダルにおいてこのような仕様は、ブティック・ペダルメーカーが低ノイズMODを施した特別なペダル等でしか見かけません。

低域の補強機能も搭載

カリッカリの Djent サウンドを作る場合、ハイミッドを徹底的にブーストした結果、人によっては低域が薄くなった様に感じる事があります。Djent-EQ ではこのような場合の対策として、Bass Boost スイッチ を搭載しています。
このスイッチがONの場合でも、低域の増幅量は基本的に Djent ノブ にて決定されますが、Bass Boost の3点スイッチによって、低域の増幅率を OFF、1/2、2/3、から選択することが出来ます。これにより、元より低域の成分の少ないシングルピックアップが搭載されたギターや、Djent 以外のジャンルでの使用に際しても、非常に高い応用力を獲得しました。

SPECIFICATIONS

仕様

  • トゥルーバイパス
  • 電源仕様:9VDC センターマイナス (プラグ内径 2.1mm 外径 5.5mm) 又は 9V 006P 電池
  • インプット・インピーダンス:500K(Ohm)
  • 採用パーツ類:NJM5532、Kemet R82、Nichicon ES、etc…

価格

イベント価格:¥16,800

MANUAL DOWNLOAD

TSCC-01 取扱説明書(PDF)


pdficon
djent-eq_Manual_JP_v100.pdf


RELATED LINKS

EVENT

M3-2018秋

東京流通センター [第二展示場 1階 え-31b] 2018年10月28日(日)
URL : http://www.m3net.jp/

開発中の回路テスト動画

“Djent-EQ” への 2 件のフィードバック

  1. ピンバック: Djent-EQ | PRACEVO EFFECTS

コメントは受け付けていません。